古文単語を確認させよう! 頻度Aランク

こぶんサムネ受験対策(国語など)
渡邊克也
渡邊克也

ようこそ かっちゃんねるへ!

ここでは実際の授業をイメージしながら記事を書いています

各学校での授業時間や生徒の理解度の違いもあるでしょうから、皆さんの学校の実態に合わせてお使いいただければと思います

国語科指導のお役に立てば幸いです

※掲載にあたっては様々なことに配慮していますがもしご覧いただき何かありましたらお問い合わせからご連絡ください

ゴロ合わせで覚える古文単語

これを生徒に覚えさせるために

私はゴロ合わせを推奨しています

私がこの本を初めて知ったのは平成10年のことでした

当時の教え子が私に勧めてきたのです

古文単語の重要性を生徒に伝え、覚え方を思案していた頃のことです

それまで私は単語は単文で覚えよう!と生徒たちに

話していました

そのころ、エクセルで単語帳を作っていた私には衝撃的な本でした

付属のCDを毎日、車で聞きながらおよそ一ヶ月で覚えたと思います

それからというもの、私の古文の授業はちょっと変わった

単語の覚え方を薦める授業に変わりました

授業自体にも幅が出たと思います

かなり、生徒にはウケが良かったと思っています

数年ぶりにSNSで連絡をとったかつての教え子たちは口をそろえて

私の授業はなんと言っても古文だと言います

現代文ではない、とにかく古文の授業がすごく印象的だった、と

自分自身は別にそこまで古文の授業に力を入れたわけではないのですが

多くの生徒にそう言われます

高校の国語の先生は多くの場合、副教材として

教科書会社などが出す古文単語の参考書を持たせています

しかし、どれも少しずつ使いにくい

そこで私は思いきってこのゴロ合わせの本を生徒に買わせました

一時間の授業の15分をゴロ合わせを覚えるのに使って

授業をしました

それが効果が上がったかどうかは不明ですが

実際にセンター試験を受ける生徒たちには有効だったと思います

古文単語豆テスト 頻度Aランク

下から古文単語の豆テストをダウンロードして使ってください

これが解けるかどうかは重要です

最低限これぐらいのことが覚えられるように指導していきましょう

古文単語は文法学習と並んで古文学習の基礎となるものです

しっかり修得させたいものです

繰り返しやることがとても大事です

楽しく学ぶことを目指しましょう!

先生が楽しまないとダメなんです!生徒と一緒に覚えましょう!

私は分からないけどあなたたちはしっかりやりなさい!

という残念な先生にはならないようにしましょう!

ご覧のみなさまへ

この記事は本来、コロナで学習進度が遅れている高校生向けに作成しています

ですが、国語を担当している若い先生向けにも書いています

どうか授業の参考にここのプリントなどご活用ください!

今後もいろいろ作成してここにあげますので何かリクエストなど

あればお問い合わせからお願いします

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

コメント

タイトルとURLをコピーしました