完璧 (十八史略)

白 文 

趙恵文王楚和氏
秦昭王以十五易之。不与畏秦強、与恐欺。
藺相如

奉璧往。城不入 璧而帰。」

至。
王無意償城。相如紿取璧、怒髪指冠、却立柱下曰、

砕。」

従者懐璧間行先帰、身待於秦。
秦昭王賢而帰之

書き下し文・訓読

ちょう恵文王けいぶんおうかつ楚の和氏かしへきを得たり。

秦の昭王、十五じょうつてこれへんことを
与へざらんと欲すれば、秦の強きをおそれ、与へんと欲すれば、あざむるるを恐る。

藺相如 りんしょうじょ はく、

願はくは、璧を奉じかん。 らずんば、すなわちしん 請ふ璧をまっとうして帰らん。」と。
すでに至る。

秦王城をつぐなふに意無し。
相如すなわ紿あざむきて璧を取り、怒髪どはつかんむりを指す。柱下に卻立きゃくりつして曰はく、

こうべは璧 倶に砕けん」と。

従者をして璧をいだきて間行してづ帰らしめ、身はめいを秦に待つ。
秦の昭王、けんとして之を帰らしむ

【読み方 現代仮名遣い】

かっちゃんねる教育「エテュードch」

【参考】manapedia十八史略『完璧』

口語訳

趙の恵文王が、楚の宝であった『和氏の璧』を手に入れた。
秦の昭王は、和氏の璧を手にしたいと思い、十五の街と和氏の璧を交換してくれと申し出た

恵文王は、「にこの宝を渡さないと言えばが怒って攻めてくることを恐れ、交換に応じればだまされるだろう」と恐れていた。
そこへ藺相如が「和氏の璧を持ってに行きましょう」と申し出た。

藺相如は)「街が手に入らなければ、和氏の璧を完全な状態で持ち帰ります」
と言って、に向かった。

の王には、街を与える意志は(最初から)なかった。
一度は献上した和氏の璧藺相如秦王から(なんと)だまして取り返すと、髪の毛を逆立て(冠から出るほど)怒りをあらわにして、部屋の柱の下に後ずさりして立って言った。

「(街と交換でないなら)私の頭と一緒に、和氏の璧を粉々にするぞ」と。

捕らえられた藺相如は密かに従者の懐に和氏の璧を忍ばせて先に返し、自分は秦の王の判断が下るのを待った。
秦の照王は、(藺相如を)賢い者だと言って、趙の国に帰らせたということだ。

【参考】『完璧』テストで出題されそうな問題

生 徒 の 作 品

©かっちゃんねる教育
©かっちゃんねる教育
©かっちゃんねる教育
©かっちゃんねる教育
©かっちゃんねる教育
©かっちゃんねる教育

参  考

4コマ文庫「怒髪天を衝く&完璧/故事成語」
藺相如

コメント

error: Content is protected !!