ICT活用教育の現状

二年以上、タブレット学習を行ってみて、様々な問題に直面しましたので箇条書きにしてみます

  1. 生徒たちの意識の問題→必要を感じない・めんどくさい・ICTを学習以外のことに使う
  2. 先生たちの古い感覚→教えることが絶対・計画に合わせて進めなければならない
  3. 専門的な知識を持った教員の不足→機能制限がかかったアプリやネット接続のトラブル
  4. 授業に必要な教材が不足→「かっちゃんねる教育」のようなデジタル教材が少ない
  5. 学校として十分な予算が取れない→ソフト・ハード面で必要なものが購入できない
  6. 文科省や県教委の意図が上手く学校側に伝わらない→教えないことに罪悪感を感じる学校

以上のように問題が山積ですが、今後、学校におけるICT活用授業を実施する上で文科省の方針に沿った授業者と生徒に重要なポイントを整理します

《生徒たちの注意点》

《先生たちの注意点》

《現時点(令和五年度)での結論》

  • 大事なこと→途中で諦めず、継続すること
  • ICT学習の基本→生徒が主体的に取り組む
  • 主体性を生徒から引き出すために必要なこと→「楽しさ」:「楽しさ」は「知的な好奇心」を引き出すために必要な要素
  • 先生たちに求められる「個性」→単なる「楽しさ」だけではなく「知的な好奇心」を導く力を持つこと(=「カリスマ性」を持つ)
  • 知識を教えることはもはや意味を持たない→主体的に取り組み、個々の問題点を明らかにし、原因や解決法を探る姿勢を育てる

コメント

error: Content is protected !!