アクティブラーニング(古文)実践編 その三

先生向け授業用資料

アクティブラーニングを実施する前に

アクティブラーニングに関する考え方

私の考え方の詳細に関しては以前の記事をご覧ください

※初めてご覧の方はぜひ以前の記事を読んでから

この実践報告をご覧いただけるとより具体的なイメージが

湧くと思います

実践事例 その三(助詞を探そう!)『徒然草』あだし野のつゆ消ゆる時なく

・今回も実際の授業を想定しています

○最初に接続助詞の説明をする(20分)

 「ば」順接の仮定条件・順接の確定条件(原因・理由、偶然、恒常もしくは恒時条件)

 ↓

 生徒たちに練習問題を解かせる

○インプットの練習

 範読してペアで音読させ

『あだし野の露消ゆるときなく』のプリントから接続助詞を探させます

 (個人で探す:ここはじっくりでいいと思います)

 (生徒はすぐに答えを聞きたがるので「数だけは教えるよ」と言ってもいいかもしれません)

 ↓

○次にアウトプットの練習に入る(ペアで内容を確認)10分

 ↓

○全体に向け正解の確認と文法などの説明:10分

 接続助詞は10個です

 「が」「に」「を」の説明を工夫します

 ・特に「単純接続」と「順接」の違いは微妙です

 ・「の」「に」の上の部分が下の条件となっていれば「順接」だといえば安心します

 ・実際は「~。そして…」と置き換えた方がいいと私は思います

 ↓

○次にプリントから係助詞と格助詞を抜き出します(25分)

(ここはペアもしくはグループで取り組ませるのがいいと思います)

 ↓

○係助詞は13個です(20分)

 「は」「も」に気づきませんのでヒントをだしてあげました

 ↓

○格助詞は28個あります

まとめ(5分)

○助詞をみつけるのは大変だけど一度やるとコツが分かる

○それぞれの助詞がどれなのか考えられるようになる

○問題を解く時もこれがきっと役に立つ

 と伝えます

どの教材でももそうですが授業は1回目が一番うまくいきません。私は二回目がうまくいく気がします。三回目、四回目はだんだん慣れてきて大切なことを忘れがちです。その時は急がずに立ち止まって生徒目線で考えます。私はそれが重要と考えます。

 アクティブラーニング授業はこれからのスタイルです

 ここで考えをまとめてトライアンドエラーの繰り返しで何かをつかんでいきたいと思います

 ※みなさんの参考になるように現場での実践に役立つように

  記事も工夫して参りますのでご意見やご感想を

  お問い合わせよりいただけるとうれしいです

2021年12月
 12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031 

コメント

タイトルとURLをコピーしました